企業概要

社名・社屋写真
株式会社 植村漁具
   
 本社社屋/第一倉庫  本社社屋/第二倉庫
代表者
植村 能忠
本社所在地
〒751-0818
山口県下関市卸新町6-6
TEL. 083-231-4904
FAX. 083-232-5712
資本金
1,000万円
設立
1962年1月
従業員数
160名
主要取引銀行
三井住友銀行、山口銀行、福岡銀行
主要取引先
【納入取引先】
 全国釣具店様、ホームセンター様 国内:約300社/海外:約30社
【仕入取引先】
  • シマノ、グローブライド、サンライン、ハヤブサ、デュエル、ジャッカル、ヤマリア、
  • GAMAKATSU.PETLTD、ピュアフィッシングジャパン、冨士灯器、林釣漁具製作所、
  • 第一精工、クレハ合繊、キザクラ、東レインターナショナル、釣研、ハピソン、
  • ラパラジャパン、NTスイベル、オーナー、ささめ針、ダミキジャパン、双進、マルキュー、カツイチ、池永総業、エイテック、ヒロミ産業、ナカジマ、コアマン、オリムピック、
  • 金龍鉤、山豊テグス、ガルツ、サンヨーナイロン、ゴーセン、モーリス、レイン、
  • 川せみ針、明邦化学工業、ヤマガブランクス、ルミカ、メガバス、オフト、アクティブ、
  • ブリーデン、アムズデザイン、東邦産業、カンジインターナショナル、タカタ、
  • 清光商店、ユニチカ、ジャクソン、下田漁具、コーモランプロダクト、スミス、
  • タックルハウス、アピア、ヒルクライム、アングラーズリパブリック、植田漁具、
  • 一誠、ライラクス、オレンジブルー 他約500社(敬称略・順不同)
沿革
昭和25年6月
植村清照氏が漁具、釣具の卸売を目的として個人創業したものを、昭和37年1月に法人化し、初代代表取締役社長には同氏が就任した。
昭和42年8月
本店を山口県下関市竹崎町331番地から、山口県下関市竹崎町1-14-23に新築移転。
昭和43年5月
植村能忠氏が2代目代表取締役社長に就任。
昭和60年4月
本店を山口県下関市竹崎町1-14-23から、山口県下関市卸新町7-2に新築移転。
昭和62年10月
「シャーク小倉北店」を開設。
平成10年11月
「シャーク長府店」を開設
平成10年12月
「シャーク新下関店」を開設
平成20年4月
本店を山口県下関市卸新町6-6に移転。商号を㈱植村漁具店から㈱植村漁具に変更。
平成21年4月
㈱アングル(広島市佐伯区)を吸収。
「アングル本店」「アングル仁保店」「アングル大島店」「アングル海遊釣具」「アングル小屋浦店」を開設。
平成23年5月
「アンフィ山口店」「アンフィ防府店」「アンフィ徳山店」「アンフィ下松店」を開設。
平成23年11月
「アングル国東店」を開設。
平成24年3月
「アングル和白店」「アングル菊川店」「アングル彦島店」「アングル江津店」「フィッシングパイレーツ豊岡店」「フィッシングパイレーツ三木店」を開設。
平成24年6月
「アングル浜田店」を開設。
平成26年8月
「アングル対馬店」を開設。
平成27年3月
「アングル境港店」を開設。
このエントリーをはてなブックマークに追加